Piccolo bambino

二人の子供に囲まれた、毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卒園おめでとう!


008a_20130314200452.jpg


昨日、無事にいっちの幼稚園の卒園式を終えました。

なんだかあっという間に終わっちゃったーという感じです。
もっとお友達と写真を撮りたかったし、
いっちが3年間通った園をしっかり眺めてくればよかった・・・なんて後悔したり。

でも母親のワタシがそんなことを思っていても、
案外卒園した本人はなんだかいつも通りな感じ。
昨日も「マック行きたいから早く帰ろう~」なんて言っていたし!
う~ん。
まだ「卒園」の意味がよくわからないのでしょうね。


昨日の卒園式。

名前を呼ばれ、園長先生から一人ずつ卒園証書を渡してもらいました。

大きな声で返事をし、「ありがとうございます!」の言葉をしっかり言って
卒園証書を受け取るわが子の姿。
とても感動しました。


3年前、今の幼稚園は3年保育が一般的だと全く知らず、
偶然知り合ったお母さんに「今は年中さんから入園するほうが珍しいですよ。」と聞いて
翌日「まだ入園は間に合いますか?」と慌てて園を訪れたのでした。

それまで同じ年齢のお友達と遊ぶことはほとんど無かったし、
もちろん集団生活も初めて。
いっちにとっては突然の環境の変化でビックリだったと思います。

いっち、入園当初は毎朝毎朝泣いていました。
朝送って行ったら、いっちは担任の先生に抱えられて
「お母さん!今のうちに行って下さい!」と言われて小走りで
教室をあとにしたこともたくさんありました。

最初は「本当に入園させてよかったのだろうか・・・」と思うこともたくさん。

保育参観では歌の途中でホールへ脱走したり、
みんなが歌っている中、いっちだけ影のようにワタシの後ろにくっついていて
そのまま保育参観終了したり・・・。
給食の途中でお部屋を走り回ってしまいます、とかね。

そんないっちも、だんだんと園に慣れてくると落ち着いてきて
ワタシもだいぶ心配がなくなりました。
朝泣いていたのも、ある時園に向かう車の中で、
「これは泣かないアメだよ。食べたら本当に涙がでないんだよ!」と
言って食べさせたら、「ほんとだ!」と。
その日から全く泣かなくなりました^^
やっぱり年少さんの前半がとても大変だったな~。


年中さんになったと同時に弟が生まれ、
今度は家庭での環境の変化があったいっち。
震災の時期とも重なったりで、こちらは家庭でいろいろと大変でした。
出産前にワタシが3度の入院をしたときには毎日
「おかーさーん。あいたいよー。」って泣きながら電話をくれたね。
あの時はワタシも本当に辛かったです。
いっちも本当によくがんばったね。



いろんなことがあった3年間だったけれど、
いろんなことをひとつひとつ乗り越えて、
優しい子に育ってくれたこと。
それはお母さんにとって誇りです。

これからもその優しさを忘れずに、
おともだちや弟を思いやる気持ちを大切にして
小学校もたのしくがんばろうね。
おとうさんもおかあさんも、いつも応援しています。


いっち、卒園おめでとう!!



084a_20130314200451.jpg
*いつも見守ってくれたM先生とさよならハグ。今まで本当にありがとうございました!





[ 2013/03/14 21:14 ] いっち 5歳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。