Piccolo bambino

二人の子供に囲まれた、毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワタシ、久しぶりにダウン

a015_20121013092254.jpg
*ゆーたん、お兄ちゃんのゲームが気になるご様子。



昨日の朝、起きると同時に喉が痛いと思っていたらみるみる体がダルくなって発熱。
寒気と吐き気と全身の関節が痛くて、
「これはきっとインフルエンザに違いない」と思い、実家の母に子供たちを頼み、
おまけに病院まで送ってもらい(車も運転できない程でした)いつもの耳鼻科へ。

待合室でも寒気と吐き気で座ってられず、ベットを借りて横になり
すぐに診察してもらえたのでよかったのですが。



「溶連菌感染症ですね」


え。あの大人はあまり罹らないという、溶連菌?
しっかりいっちから頂戴してしまったようです(涙)


そのまま点滴を受けたのだけれど、その具合の悪さと言ったら
数年前に体験したインフルを思い出す感じ。
うーうー唸りながら、「今年も絶対インフルの予防接種受けよう・・・」
なんて考えたりしていました。


帰宅後、いっちはとても心配した様子で
「おかあさん、だいじょうぶ?今日はいっちがおかあさんになってあげるからね。」
「今日はいっち、おそくまで起きていておせわしてあげるよ。」
「おかあさん、なにか食べたかったらいっちにいってね。」なんて涙が出そうな言葉を言ってくれて、
トイレに立とうとする私の手をひいては
「いっち、おトイレのまえで待っててあげるね。」と。


いつの間に、この子はこんなに思いやりのある良い子に育ってくれたのかしら・・・。
感動しました。


今なら、今なら、
欲しいと言っていた仮面ライダーウィザードベルトだって、
ディズニーの英語のなんとか教材だって、
3DS本体とマリオのソフトだって、
すぐに買ってあげるわ!と言ってしまいたい衝動に駆られました。


が。


ものの30分もしないうちにそれは激変。


ワタシ「いっちー、そこにあるリモコン取ってくれる?」
いっち「えー。おかーさんじぶんでとって。」

ワタシ「いっち、今日おかあさんになってくれるんじゃないの?」
いっち「えー。なんかもうあきちゃった。」

そしてワタシが食べようとしたプリンを「あ!それいっち食べたい!!」と。

さらに夜には「遅くまで起きてお世話宣言」どころか、病人のワタシよりさっさと布団に入って
8時半に寝ている!!


・・・・・・。


現実はそんなもんです。
一瞬でもなんでも買ってあげようと思った自分を悔やみました。



昨日はそんな事があって大変な一日となりましたが、
点滴と薬のおかげで今日はすっかり元気です!
そして協力してもらった実家の母には本当に感謝しています。



溶連菌、甘く見てはいけないと痛感した一日でした。
もしお子さんが罹ったときにはご用心!



「ぼくは元気いっぱいだよー。」
a007.jpg
*歌がながれるとダンスしちゃうもーん。


a010.jpg
*タッタカタッタッタ〜〜


a033.jpg
*きょうもぼくはモリモリたべるよー。






[ 2012/10/13 11:50 ] ゆーたん 1歳6ヶ月 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。