Piccolo bambino

二人の子供に囲まれた、毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嘔吐、また嘔吐・・・。


14日の夜に無事旅行から帰りました!


しかし、その深夜からいっちが突然の嘔吐。

それから昨日の朝まで1時間おきに吐いてしまう状態で、
小児科で2時間点滴を受けました。

昨夜は薬のおかげもあってかぐっすり眠ってくれて、
今朝になったらだいぶ元気になってくれました。

昨日診てもらった小児科の先生のお話では「疲労でしょう。」とのこと。


旅行中、ついつい夜更かしさせてしまったことや、
寒い中大人のペースで連れて歩いてしまった事を反省しました。

今回の旅行では一日ディズニーランドへ行ったのだけれど、
ものすごく寒かったのです。
大人の私たちでも歩いているだけで身の凍るような寒さ。
ベビーカーに乗っていたいっちは、きっともっと寒かったはずです。

反省、反省。


とりあえず、今は遊ぶ元気も出てきたので安心しています。
完全復活までは、もう少し・・・・・。


ジャンル : 育児
テーマ : ☆★☆2007年3月生まれbaby☆★☆

[ 2010/02/16 20:58 ] いっち 2歳10ヶ月 | TB(0) | CM(11)
発作性上室性頻拍症
すみません。
こちらにお書きしてよろしかったのか。発作性上室性頻拍症のため、アブレーション受ける予定です。
毎日頭が悶々として生活を過ごしています。
あまりにも簡単にアブレーションを勧めドクターに不信感を感じてしまい、
人の体をなんだと思っているのかと苛立ちを。
しかし、まぎれもない発作性上室性頻拍症なので、勧めるのもしたかないのでしょうが。
仕事柄、子供たちを抱き上げたりするので発作におびえながらの毎日にはもう限界なため、受ける決心をしたのですが、アブレーションにノリノリのドクターにはひいてしまいました。
あっぷる子様のスムーズに済んだアブレーションの体験談を拝見しうらやましいかぎりです。
私も短い時間で成功してほしいです。
しかし期外収縮は術前より増えるのはほとんどの方がうったえられますよね。
今でも期外収縮が辛いのに。
もうアブレーションからだいぶ月日がたちましたね。
発作自体は完璧に落ち着いてますか?
動悸等も感じませんか?

お子様の体調はいかがでしょうか
落ち着いた頃とはおもいますが
お大事になさってください。
携帯からのコメントで失礼します。
[ 2010/02/25 10:08 ] [ 編集 ]
さくらんぼさん
はじめまして♪
このたびは私のブログへご訪問・コメントいただきまして、
どうもありがとうございます(*^_^*)

発作性上室頻拍症(PSVT)でお悩みとのことですが、
私も当時はもう悩みに悩みまくっていたので
さくらんぼさんのお気持ちは手に取るようにわかります。
参考になれば・・・と思い、私の経験上のお返事をさせていただきますね♪

さくらんぼさんは今通われている病院でのアブレーションを受けることは決定されたのですか?
お話では、担当のドクターに不信感・・・とのことなのですが、
やっぱりご自分の体のことですし、ましてや心臓となると不安も多いですよね。
アブレーションを受ける前に、ドクターにしっかりとご自分の意思を伝えられてもいいと思います。

というのも、私も最初の予定だったアブレーションは前日にキャンセルしています。
当時私は妊娠中だったこともあり、レントゲン透視しながらの治療に
どうしても不安がぬぐいきれず、
また妊娠中でのアブレーションの経験はない病院だったので
自分の意思で納得できずに中止してしまいました。
そしてその理由をしっかりとドクターに伝えました。

そして育児が落ち着いたらアブレーションを受けるつもりでいたのだけれど、
育児の疲れと睡眠不足のせいか発作が起こりやすくなってしまい、
また発作が止まらない状態になって産後1年でアブレーションを受けることを決意しました。

子どもさんを抱き上げたり、床に落ちているものを拾うときに発作が起こりやすいですよね?
本当、あのドクン!とした期外収縮のあとに始まるドクンドクン・・・。
私も毎日とっても不安でしたよ。とてもよくわかります。

そして今現在、治療から約2年近くになりますが、発作は一度も起きていないです。
期外収縮は睡眠不足の時などにたまに起こりますが、
それに続けての発作は全くなくなりました。
今は発作を気にせずに過ごせる事がとても快適です。

さくらんぼさんも今はとても不安なお気持ちでしょうけれど、
頑張ってくださいね!
また何かご質問があったらコメントいただけたら嬉しいです。

*子どもの体調はもうすっかり良くなりました!
ご心配いただき、どうもありがとうございます!


[ 2010/02/25 22:38 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。

妊娠中のアブレは、どう考えても危険ですよね。
透視時間が長いですから。
前日にキャンセルも致し方ないですよね。
ストレス、睡眠不足はかなり影響します。
そうなんです!重たい物を持ったり、拾ったり、腹圧がかかるとなんですかね~。手を上げた時、座った瞬間!
(これじゃ生活できないですね。もう怖がり過ぎて棒人間状態)
アブレは決定です。担当医に細かい不安を伝えたいのですが、何時間待ちの混雑の中、面倒臭いんでしょうね。
あまり言えない雰囲気なんです。
また、その病院のアブレの術数も低いので(年間200、発作性上室性頻拍症は40)
1000近くの術数を持つ病院のことを知ると不安になってしまいます。

最初で最後にしたいし、万全な術を受けて完璧に治したい(誰もがそう想いますね)。
[ 2010/02/28 21:42 ] [ 編集 ]
さくらんぼさん
さくらんぼさん、こんばんは!

アブレーションは決定とのことで、今はきっと不安と緊張で
ドキドキされていることと思います。
私も終わるまでは本当に緊張しっぱなしでしたから。

アブレーションは、心臓のどこの電気回路が異常なのかを探すために
心臓にカテを入れてからわざと発作を起こすみたいだけれど、
(私の場合は自然に発作が起こりました)
その発作はいつも自然に起こるあのドキドキなので
そんなに怖がらなくても大丈夫だと思います。
あぁ、また始まった・・・と思えばいいのです。

あくまでも私の感想ですが、
カテを入れるときの麻酔も、歯の麻酔の方が私は痛いと思いました^^
麻酔が効いたらもうカテが入ったのかも自分ではわからないし、
ちょっと心臓がドキドキしたりするけれど、
私は思ったより治療中の気持ちはラクでした。

アブレーションで完治できたら、もう毎日の行動や体勢に
気を遣わなくてもよい生活が待っているはずです。

ちなみに私は急にモノを拾ったり、床で足が滑った瞬間や、
しゃっくりが出た時、そして期外収縮がきっかけで発作が起きる事が多かったです。
短いときは数秒で普通の脈はくに戻ったけれど、
妊婦の時に起きた発作は薬で止めなければいつまで?ってくらい
5時間以上発作がおさまりませんでした。
これは私のPSVT人生の中でも初めてのことです。

よけいなお話しをしてしまうかもしれませんが、
その時の「発作を止めるお薬」というのが、私はもう絶対したくない!って
思うくらい苦しかったので、それもアブレーションを決意するきっかけになりました。
今でもそのお薬とアブレーションを選べと言われたら、
間違いなくアブレーションを選びます(笑)

さくらんぼさんのアブレーションが無事に終わって、
1日も早く快適な生活が送れる日が来る事をお祈りしています。
また不安な事があれば、いつでもコメントくださいね!
お待ちしています♪

[ 2010/02/28 22:37 ] [ 編集 ]
あっぷる子様、ありがとうございます。

こんなにも解って下さる
そして、温かいお返事
心の支えです!

このお返事をこころの御守りにし
頑張りますね。

春休み明けに入院予定です。

必ず結果報告に参りますので、必ず受け入れてくださいませ。
乳児担当。。さくらんぼ
[ 2010/02/28 23:08 ] [ 編集 ]
さくらんぼさん
 
「案ずるより産むが易し」

きっと終わってみたら、そう感じるかもしれませんね♪

アブレーション中、多分いろいろ考えてしまうと思うけれど、
その時は私の事思い出してくださいね(笑)
その時と同じことを、私も経て今こうやって元気に過ごしているのですから。

さくらんぼさんはもしかして保育士さんなのかしら?
それなら私、相談したい事が山ほど・・・(笑)
今度は私の相談にものって下さいね♪

さくらんぼさんのご報告お待ちしています!
入院中でも、いつでも不安なときは連絡してくださいね!
お祈りしています。がんばって!!
[ 2010/03/01 07:50 ] [ 編集 ]
お返事遅くなりまして。

私はもうベテラン組なんですよ(笑)
年齢は言えませんが(泣)。
ベテランママとしてお子様のご相談承ります(頼りになりませんが)。

お子様たちの親御さんには元気を出して!なんて言ってる自分が、 実はこんな状況で不安の中過ごしているなんて、申し訳なくて。
早く元気な身体になって精一杯子供たちを見守っていきたいのです。
あっぷる子さんのブログは私に勇気と安心をくれました。
[ 2010/03/05 18:58 ] [ 編集 ]
さくらんぼさん
こんばんは!
お返事遅くなってしまってごめんなさい!

さくらんぼさんは、もうベテランの保育士さんなのですね~。
うーん。
是非とも我が家に来て育児相談乗って欲しいです(笑)

毎日小さなお子さんと一緒に過ごすのはやっぱり体力勝負ですものね!
一日も早く子ども達と一緒に、飛んだり跳ねたり!な
元気な先生になって欲しいです。

さくらんぼさん!
今のご自分の状況を申し訳ないなんて思わないでくださいね。
さくらんぼさんは毎日ご自分の体と向き合って、
そして周りにはきっと今の状況を顔には出さずに笑顔で接しているはずです。
それだけでもさくらんぼさんは立派なんです。
私だったら二重丸あげちゃいますよ^^

ただでさえ、PSVTは「いつ発作が起こるかわからない」という
不安がつきまといます。
朝起きてから、通勤中、日中のささいな行動、本来ならリラックスタイムであるはずの入浴中・・・。
本当、いつもどこか気が抜けないのですよね。

アブレーションへの不安はあるのは当然ですけれど、
日々の発作への不安とサヨナラするための不安と思えば
少し安心できるかな・・・。

なんて今だから私も言えるのですよ^^
私なんて、もう怖がり屋の痛がり屋なので、手術台の上で
足がずっと震えちゃって
それが何かの医療器具に当たってずーっと「カタカタカタ・・・」って音してました(笑)

アブレーション中は看護師さんと話もできるので大丈夫です。
あと、脈が速くなったり遅くなったり・・・ってなるのだけれど、
それは全てわざとそうしているのですから怖くないですよ。
普通の人なら脈が180とかなったらもう不安でしょうけれど、
私たちは普段から慣れているから大丈夫^^
発作とおんなじドキドキですからね!

さくらんぼさんにとって、私のブログがお役に立てたのなら
とっても嬉しいです。
私も当時、ネットで調べまくっていましたから
同じ病気の方の参考になれば・・・と思い、ブログに書かせてもらいました。
読んでいただけて、また、コメントもいただけて本当嬉しかったです♪

またいつでもコメントくださいね!お待ちしてます^^
[ 2010/03/08 19:45 ] [ 編集 ]
アブレーション
あっぷるこさん、お久しぶりです。3月アブレから1ヶ月延期になり(私の迷いから) 明日入院です(もう逃げられない)。

どうしてもネットで術中の合併症にあった体験談や、予後が思わしくない方の体験談で恐怖だけ増してました。でも今日はあっぷるこさんの体験談を何度も何度も読み、 アブレーション(短時間だし回路の再発が0)から予後(再発もなく、薬が必要とせず)までとてもスムーズで、理想とする流れなので、私もそうなることをイメージして祈るだけです。
身体がガタガタ震え医療器具にあたり←これは本当に気持ちがわかるだけに笑っちゃいます。私も全身の震えが止まらなくなりそう。
もう、良い事だけを考えます。

[ 2010/04/21 16:54 ] [ 編集 ]
さくらんぼさん
さくらんぼさん、コメントありがとうございます!
そしてお返事が遅くなってしまい申し訳ございません!

もうアブレーションは無事に終わった頃でしょうか・・・。
こちらでのお返事は遅くなりましたが、
心の中でお祈りしていましたよ。

無事に短時間で終わられることをお祈りしています。
落ち着いたらまたコメントいただけたらうれしいです。
がんばってくださいネ!!
[ 2010/04/24 16:40 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/04/26 16:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。