Piccolo bambino

二人の子供に囲まれた、毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

驚異のジャガイモ湿布

いっちを出産した病院は「母乳育児」にとても積極的な病院で、赤ちゃんを母乳で育てられるように、出産前から助産婦さんが熱心に指導やケアをしてくれました。

同時に、母乳で育てることのすばらしさ、数々のメリットも教えてもらい、私自身も「絶対に母乳で育てたい!」と思っていたので、この病院で出産できたことを本当に良かったと思っています。

病院によっては、気軽にミルクを与えてあげるところもあるみたいですが、私の病院ではとにかく1滴でも頑張って母乳を与え、ギリギリ最後の手段としてミルクを足す、という感じでした。

入院中は「とにかく、おっぱい!おっぱい!」。正直とっても大変で、特に新生児は一度に飲む量がわずかなので1、2時間おきに飲ませる状態。慣れない育児と少ない睡眠時間で疲れ果ててしまい、母乳育児を希望していたはずなのに、「どうしてここまで母乳にこだわるのか?」と思い詰めたこともありました。

いつの間にか「母乳でなければいけない」と思うようになってしまい、退院後も「とにかく、おっぱい!おっぱい!」の毎日。決して母乳がたくさん出る方ではなかったので、息子は満足できずに泣くこともたくさんありました。
「ミルクを足したら?」という母の言葉にも一切耳を傾けず、一式揃えていたミルク用品は封も開けないまま、それでも母乳を与えた日々。ちょっと意地になっていたかな?

だけどその「ヘンな意地」が今思えば良かったのかも。

母乳は、与えなければ与えないだけ分泌量が減ってますます出なくなるもの。「おっぱいが足りない」と思ってミルクを足してしまうと、さらにおっぱいは出なくなってしまうそうな。だから母乳で育てたいのなら、

「とにかく!おっぱい!おっぱい!」ってことなんだそうです。ナルホド!

そこまで意地になっていた私でも、だんだんと母乳育児が軌道にのってきた頃、あまりの息子の愚図りっぷりにちょっと焦りミルクを与えたことも何度かあります。でもほとんど飲まず、それでも泣いているので結局は「おっぱい不足」で泣いているのではなかったみたいです。


かな~り前置きが長くなりましたが、なぜに突然おっぱいの話になったかというと、あっぷる子、
昨夜「プチ乳腺炎」になって苦しみました

乳腺炎とは、母乳が詰まってしまうこと。夕方くらいに右のおっぱいに違和感があり、そのうちおっぱいがカチカチになって寒気もしてきて、熱っぽい。仰向けでも横向きでも痛くて寝れず、深夜の3時、魔法のおっぱいという母乳育児サイトで対処法を調べて・・・

13.jpg
作ってみました!「ジャガイモ湿布」

ジャガイモをすりおろし、小麦粉とお酢1滴を加えて練り練り。それをガーゼに包んでおっぱいに張るというのです

正直、「こんなのが・・・効くの??」と半信半疑でしたが、深夜3時に悩んでいる暇はない!藁をもすがる気持ちでキッチンに立った私ですバタコさん

さっそく完成したお手製「ジャガイモ湿布」を胸に貼り、布団に横になってややすると、
信じられない!!痛みが和らいでくる!!

そして痛くて寝られなかったのが嘘のようにぐっすり朝になったら熱もとれ、すっかり良くなっておりましたおんぷ2つ

母乳育児で頑張っているお母さんはーと
おっぱい痛い痛いになったら、ぜひこの「ジャガイモ湿布」をお試しあれ~トールローズ

[ 2007/06/29 22:01 ] 毎日のいろいろ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。