Piccolo bambino

二人の子供に囲まれた、毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それでも花は咲く

今年もキレイに花(つぼみ?)をつけましたトールローズ

p.jpg
       
                ラベンダーの株

q.jpg

             とてもいい香りがします


我が家の猫の額ほどの庭
ここは主人の領域であり、私とガーデニングとはほぼ無縁なのですが、唯一私が大切に育てているお花がこのラベンダーはーと3つ

中学の修学旅行で初めて行った北海道でこの花を知り、この可愛らしいつぼみと色と香りに魅了され、以来ずっと大人になっても好きな花。

数年前に3000円という大金(私にとっては花にこの金額は大金じゃ)を払って小さな株を買い、翌年大きくなって鉢を替え、さらに大きくなって地植えしたらもっと大きくなった、という嬉しい現状です。

このお花の一番の魅力は、なんと言っても放っておいても見事に花を咲かせてくれるという点。
昨年の記録的な豪雪の時も、上の乗っかった雪でバキバキと枝が折れてました。しかしそこは私のラベンダー。その折れた部分からは新芽が次々と出始め、一度は死んだと思わせた株が、さらに大きくなってキレイな花を咲かせたのでしたキラ


いつか庭一面をラベンダーのお花畑にしてみたい・・・キラ絵文字名を入力してください



「世話もしねぇで何言ってる。」と言われそう(当然です。)
でも・・・やっぱり世話はめんどう。


このまま自然に庭一面に株が増えることをお祈りしています。

(最後まで自然の力にたよる私。)

[ 2007/06/15 18:12 ] 小さなお庭とお花たち | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。